読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

師走

日々のことに追われ、

眉間に皺を寄せている間に、

12月も残り僅か。

 

日々のことを綴ることもすっかり忘れていた。

 

わたしには書くことしかできないのに。

 

寒くなったり暖かくなったり、今年の冬はいつも以上に気まぐれ。

 

2016年を名残惜しいと思うことなく、

気持ちはすでに2017。

 

今までのご縁がはらはらとほどけ、

新しいご縁が繋がれていく。

 

ほどけたご縁を無理に繋げることはしない。

人は変わっていくものだから。

 

そう、人は変わるのです。

 

近所の珈琲屋さんで買ったクリスマスブレンドを淹れて、

これまた近所のパン屋さんで買ったパンと一緒にいただく。

 

しあわせって、こういうものの連続なのかも。

 

来年は今年よりさらに、自分のやりたいことにフォーカスして、

楽しく生きていきたい。

 

眉間の皺より、笑い皺を増やせ、わたし。

 

少し早いけれど、

さようなら2016。

ありがとう2016。

 

本日の一曲:YUKI『just life!all right!』

 

 

勘が冴えてる日

うだうだしてなかなか起きれない、休日の朝。

 

洗濯機を回しながら、布団でゴロゴロ。

 

夕方近くに用事を済ませるために郵便局へ。

そのまま帰るつもりでいたのに。

 

あまりの暑さに、どうしても飲みたくなった、アイスコーヒー。

 

いつものカフェもいいけれど、

そういえば、いい感じのお店が、少し歩いたところにあるとあの子が言っていたなあ。

 

キラキラのひらめき。

 

スマホを頼りに、てくてくてく。

 

勘が冴えてる日は、呼ばれるように店に辿り着くことができる。

 

とても素敵なお店で、アイスコーヒーもすっきり美味しく。

 

そして、またまた素敵なひらめき。

 

少し離れた場所にある、大好きなお店へ。

充実のお買い物。

 

帰り道の夕焼け。

これまた綺麗で、見惚れる。

夏の夕暮れ、ほんとに最高。

あっという間に暮れるから、まばたきするのも惜しいくらい。

 

友達と遠出するのもいいけれど、

今のわたしは、今日みたいな休日がとても心地よい。

 

本日の一曲:原田知世『くちなしの丘』

 

おだやかな1日

夜遅く寝ても、早朝の太陽に起こされる。

暑い。とにかく、汗かいて目がさめる。

二度寝→暑さで目覚める・・・を繰り返す休日。

 

今日は、こころおだやかな1日だった。

フラリと立ち寄った珈琲屋さんで、本を読んだり、書き物をしたり。

これからのわたしに必要な物を買ったり。

 

とにかく、おだやかな1日だった。

 

帰り道、とっても幻想的な夕焼け。

夕焼けを追いかけて、少し歩いてみたけれど、

建物が邪魔をして、全部は見れなかった。

 

最近、とってもいい感じだな。

 

何が起きようとも、大丈夫。

わたしのこころは、とてもタフになった。

 

 

本日の一曲:おおはた雄一『おだやかな暮らし』

 

 

夏のごはん。

たっぷりとお昼寝をし、

夢と現実の狭間を行ったり来たり。

 

昨日買っておいた枝豆を、丁寧にはずし、

たっぷりの水で茹でる。

 

アツアツの枝豆。とまらない美味しさ。

 

今は、炊飯器から、とうもろこしの甘い美味しい香り。

 

今夜は、とうもろこしご飯。

念願のとうもろこしご飯。

 

先日、素敵なお野菜屋さんから買ったナスを、ごま油で焼いて、スタンバイ

 

オクラも待ってる、午後7時。

 

今夜は、お野菜ずくしの夜ご飯。

体も心も喜ぶご飯。

 

そうだ!じゃがいもも蒸すんだった!!

買ったばかりの蒸し器で。

ホクホクのじゃがいもを、お塩で食べるんだー。

 

グッドミュージックを流しながら、炊き上がりを待ってる。

至福の時。

 

幸福。

口福。

 

本日の一曲:星野源『くせのうた』

 

 

雨は嫌いじゃない。

 

シトシトと降る雨を窓越しに見ながら

 

心地よい音楽とともに珈琲を飲む。

 

そういう時間が好き。

 

雨と音楽、そして珈琲。

 

リラックスできる組み合わせ。

 

 

今日の一曲:odol 『years』

 

鍵盤の音色が切ない。

GOOD MUSIC

音楽。

 

ユラユラと身体を揺らし。

 

時に飛び跳ね。

 

心の琴線に触れて、涙することもある。

 

わたしの人生は、

音楽にとても助けられている。

 

音楽のない生活なんて考えられない。

 

素敵な音楽に出会った時の高揚感。

こころが震える。

 

今日もまた、GOODMUSICに出会い、

わたしのこころは震えている。

 

穏やかな午後。

 

 

今日の一曲:WATER WATER CAMEL『想像をこえる日』

 

 

 

はじまり。はじまる。

なんだか、とても落ち込んでいた。

 

深い深い森の中に、迷い込んだような。

深い深い海の底を、彷徨っているような。

 

もがけばもがくほど、苦しくて、つらくて、しんどくて。

 

だけど、キラリと光が見えた。

その光を目印に、迷いの森から、深い海の底から、

明るい方へ進み始めている。

 

とてもいいことがある直前、いい方向に自分が変わり始める直前は、

一見、運が悪いようなことが起きるって、誰かが言っていたな。

 

わたし、いい方向に進んでいるんだ、絶対。

 

光の方向へ進めば、もう大丈夫。

 

何かが開いた音がする。

新しいステージへのドア。開いたんだ。

 

楽しみ。

 

自分を信じて、堂々と生きていこう。

 

ここから、はじまる。

新しいわたし。

 

もう、大丈夫。

 

そんなことを思った、6月下旬の月曜日。

 

梅雨はどこに行った?